サッカーを応援する方法

NO IMAGE
ワールドサッカーカップ。
今年の暑さと同じ位暑い展開。
私の周りに熱心なファンはいないが、それでも日本チーム試合があった日は天気の話よりまずサッカーの話になる。まず結果の共有から始まり、テレビでしゃべっていたことをそのまま言いあったり。そのうち、どの選手がイケメンだとか、以前のワールドカップででていた誰々が、とか、仮面を付けた選手がかっこよかった、とか。各選手のプレーや試合展開の詳細についてコメントを述べることはない。とにかくイケメンだと思うサッカー選手を並べ、それぞれが好きな選手の話題で盛り上がる。
ただ、この前のポーランド戦の後は、うまく話が続かなかった。「負けたけど次いけるんだねー。」程度。イケメンネタも出きってしまったのか、決勝トーナメント決定し、どうやったらリーグ戦を勝ち抜けるかという話題もなくなったからかもしれない。最後の試合展開も報道から知った。監督の采配についての意見も多く聞いたけれど、選手達にとっては、自分達を勝たせてくれる監督が最高だろう。今までにない采配。チーム全員がベスト8という目標を強く共有し、何が何でも前に進むと団結している。次のベルギー戦。監督がどんな采配をし、選手がどうプレーで答えるか見てみたい。
でも、ベルギー戦をリアルタイムではみないと決めている。この前のポーランド戦は、晩御飯をチキンカツにして私なりに縁起を担いだのが負けた要因なのかもと分析しているからだ。SNSで話題になっている縁起担ぎでベルギーワッフルを食べる運動にも惹かれたけれど、初戦のときのように、興味なさげにするのが最大の縁起担ぎのような気がしている。最初から全力応援のサポーターに、ここは任せたい。