エスプレッソ アフォガート フラペチーノ

Twitterで気になるツイートをみた

実は30歳代以上からは不人気商品。

そう。

私30代以上。

フラペチーノを飲まない。

理由ならいくらでもある。

価格が高い。

カロリー高い。

味がひどく甘い。

30代以上が飲まない理由は放送を見ていないのでわからないけれど、
この3つのいずれかに当てはまるのではないかと思う。

大人向けフラペチーノ。

勝手に想像したスタバの意図は

継続的にコーヒーを飲んでいただいているお客様に
単価の高いフレペチーノを飲んでいただきたい。

といったところか。

ちょうど日差しのきつい朝、交差点の向こうにあるスタバを見ていたら
店先の黒板にアフォガードのポスターがある。
急に飲みたくなって寄ってみた。

「おはようございますー。」

店員さんとそこそこ挨拶し、レジ横テーブルのメニューをぐっと見る。

エスプレッソ アフォガート フラペチーノ。

久々のフラペチーノのオーダー。

「この、 あふぉが、、、フラペチーノ。」

名称を正確に読み上げようと試みたが、朝なので口が回らず失敗。

「はい、エスプレッソ アフォガート フラペチーノですね。」

定員さんは私のいい間違いをカバーしつつ、なにやらカスタマズを薦めてきたが、
いやいやSサイズですでに500円越えで、いつものカフェミスト380円よりかなり高い。
金銭的に無理、とは言わずに、静かに首を横に振っておく。

ジュワーとミキサーがまわり、小さなプラスチック容器につめられたフラペチーノを受け取って、外に出る。
持っている手が冷たい。
大きなフラペチーノを持ちながら歩く子たちは
こんな冷えと戦っていたのか。

早速、公園のベンチで飲んでみる。

この味は、、、パピコ。

まぎれもなくパピコ。

夏になるとホームパックで買うパピコの味にそっくり。

なるほど。

これからはパピコを飲むときに、これはあのときのアフォガードだと思えばいいのか。

まさしくこのCM状態。

てか、スタバとグリコ、それかロッテのクーリッシュあたりとコラボすればいいじゃん。

そんなことを考えつつ、ズビズビ飲んでいたら頭がズキズキ痛くなってきた。

しまった。

フラペチーノを勢いよく飲むと頭痛がするんだった。

年をとったら冷たいものが体に合わなくなった。

フラペチーノは量が大きすぎて、頭が痛くなるんだよねー。

なんて、いってたじゃん。

ひょっとしたらこれも30代以上がフラペチーノを選択しないという理由なのかもしれない。

今日の教訓:
アフォガードを頼むときは事前に3回言って練習してからオーダーしよう。

フォローする