イヤホン探し

イヤホン
昼休みにイヤホンを買いに行った。無線タイプ、bluetoothのものが欲しい。本体から延びるイヤホンがかばんの中で絡まるし、つけていれば本体から延びているケーブルがちょっと飛び出た引き出しや物干しにひっかかったりして危ない。無線ならケーブルを気にしなくていい。電車の中で、無線のイヤホンをつけている人を何人か眺めていた。以前は大きなヘッドホンの人が多かったが、耳の穴についているタイプ、首のところまでケーブルが下がっているタイプ、男性、女性、いろんなタイプをいろんな人が持っている。朝みたテレビでは、本田圭佑が耳にappleの無線イヤホンをさしていた。なぜか、急にほしくなった。どうせ買うなら、耳のフィット感、できれば音質も確かめたい。暑い中日傘をさして近くの電気屋まで行く。
大きな売り場にイヤホンはたくさんあった。以前のぞいた時よりさらに売り場が広がったようだ。販売商品にはほぼ見本がついていた。高額品を買う気はない。「3000円以下」の低額品のコーナーに向かう。イヤホンの形状は、耳の穴をふさぐ密閉型ばかりだ。私は密閉型がどうも好きになれない。最近買ったスマホについているイヤホンが密閉型で、耳の中にはいりこんでいるのがダメだ。その形が主流なのが信じられない。売り場をみていると、今使っているAppleのイヤホンと同じような形をしたイヤホンを見つけた。耳に入れてみると、大きさ、質感も似ている。でも、知らないメーカー。価格は、1980円。この売り場で最安値かもしれない。本当に無線で聞こえるのか?音を確認したいと、手持ちのスマホでbluetooth接続を試みる。接続一覧には何十種類も電波が並んでいて、どれが該当かわからない。代わりにスマホで型番を検索し、Amazonのレビューをみる。品物のページはあったが誰もレビューをつけていない。売れていないのか?最近販売されたものなのか。どうする?昼休みの終わりが近づいている。
型番を確かめ、品物カードを持ってレジに向かった。いつまでも迷っているのが嫌だ。安いbluetoothイヤホンだけど、最初使うにはちょうどいい。自分では大きな決断をしたつもりだったが、会計で品物を渡す店員さんは、そっけなく感じた。

フォローする