脱げにくい靴下

靴下がよく脱げる。
夏になるとスニーカーから見えにくい、小さな靴下であるフットカバーをよくはくのだあ、本当によく靴の中で脱げるのだ。
今は無印良品の「脱げにくいフットカバー」をはいているが、靴をはいているとすぐ右側が脱げてくる。
最近は、長い間履いているスニーカーのせいではないかと疑っている。かかと部分の布がめくれ、中の樹脂パーツがみえて、それが靴下を摩擦力で抜がしているんだろう。
他のフットカバーでも脱げる。無印良品で3種類「脱げにくいフットカバー」を素材違い、形違う形で買ったみたが、これも脱げてしまう。会社で「スリーコインのやつがいいですよ」と聞いて買ってみたけど、これも脱げてしまった。そもそもフットカバーの形状が抜けやすいものなんだろう。
それでも、今年、抜けにくいものを見つけた。GAPの靴下だ。ほぼ脱げない。洗濯回数を重ねると少しフィット感が緩くなってきたような気がするが、脱げて煩わしく思った覚えがない。ただ価格が少し高い。定価2足で1,600円。SALEの日に試しに購入した気がするが、それでも一足あたりは3足1,000円のものよりちょっと高い。フットカバーの脱げにくさは、はいている靴とその人の足の形状と関係がありそうなので、すべての人に当てはまるかわからないが、少し高いだけあって効果はあるのかもしれない。この靴下なら靴を脱いだ時に、しっかり足にはまっているという安心感を買うのだ。

フォローする