芝政ワールドでナイトプール(2018年お盆)

福井県三国町の芝政ワールドに行ってきました。
ナイトプール狙いです。
公営プールだと、行ける範囲のプールは行ってしまい、残すは大型ジャープール。子どもはスライダーとか楽しいと思うけど、この猛暑、列に並んでいるだけでも大変。そして日焼けが怖い!でもナイトプールなら日焼けしないし、17:00以降の入園ならスターライトパス料金で少し安くすることもできるらしい。せっかくのお盆、夏休みの思い出作りのためにがんばって行ってきました!

芝政ワールド ナイトプール感想

芝政までのアクセス

芝政ワールドには車で移動。北陸自動車道の金津インターを降りて、海に向かってひたすら丘陵地をすすみます。途中交差点で芝政帰りと思われる県外ナンバーの車の列に遭遇。あれほど車が帰るなら、駐車場にすんなり止められるといいなぁと祈りつつ、果樹園やあわら温泉を通り抜け、16時40分くらいには芝政のゲート門が見えてきました。
トワイライトパスを使って入りたいけど、早くついちゃったらどうなるんだろう。どこか脇に車に寄せて待たなければいけないのかしら。入り口付近で原付に乗ったこんがり日焼けした芝政スタッフの方を発見。「スターライトパスで入りたいんですけど」と聞くと「いいですよ。すごい混雑だったんで入場を早めたんです。」とのこと。早めに入れて、ちょっぴりお得?

芝政の料金

結構かかりますね‥。
プールに入らず荷物持ちの予定だったおじいちゃんは夏季は入場券の扱いがないのが誤算でした。でも、シルバー価格を適応してもらえて、なんとか子ども料金並に。6人で1万円超え。レジャー施設なんで、こんなもんかしら。

駐車場

見渡す限り車が止まっているんですが、空きをみつけて、わりとすんなりすんなり止められました。

プールの更衣室

入ってすぐ更衣室が空いているのが見つけ、すぐ使えました。更衣室はたくさんブースがあり、カーテンがほとんど閉まっていた、ちょっと待てば使える程度の混雑だったのかもしれません。ただ、下がぬれてました。かごでも置いてくれればいいんだけれど、残念。

荷物置き場

更衣室を出たすぐにある、コインロッカーになります。(400円)大きめなので、荷物が多くなければ二人同時に使えるとおもいます。靴置き場も別にあるのですが、ロッカーになっていないので、はき間違え等気になったので靴もロッカーにいれてしまいました。

芝政プール

18時ごろ到着するものの、流れるプールには人がたくさん!
水は冷たく、そして芝が浮いています。
でも入って、人ごみにもまれていれば、慣れてしまって結構楽しいです。
休憩は1時間に1回ぐらいあるようでした。
お盆、18時を過ぎるとどんどん暗くなっていきます。
ナイトプールで一番重要なのは、寒さをいかにしのぐか、ですね。
スライダーの列に並んでいると、風に吹かれて水着も乾いてくるんですが、若干乾ききらない感じがヒンヤリしてきます。
夜の気温は30度きるぐらいの日だったんですけどね。
テントでタオルにくるんで寝ている人がホントうらやましい。
滑り台の着地点が水の場合は、気をつけたほうがいいです。
冷たさで心臓止まるかというくらいの衝撃。
急いでそばの温水ジャグジーに体をしずめ、ああ、コント番組でやってるやつと同じことやっているよ、と思ってました。
夜は室内温水プールにするなど、割りきりが必要かも。

シャワー更衣室

温水シャワーの利用料は1分100円。お金をとりにいくのが面倒ですが、時間を制限すると混雑対策にもなるのでいいのかもしれません。女性のほうは、中央に荷物置き場のような棚があって、そこにタオルやらラッシュガードなど脱いだものを置いているようでした。そして、シャワーブースを締めるドアがなく、他の人から丸見えです。それでも、おおらかに素っ裸でシャワーをする人ともいれば、上だけ脱いだり、プールって若い女性が多いので、嫌がっている人が多かったように思います。わたしは水着用ショーツは脱げませんでした。そして、更衣室エリアに移動するのですが、ここも床がぬれています。なんか壁にひっかけるところとか、あればいいのですが、プールバックの上に着替えを置いたりしてなんとかしました。

失敗した点

カメラを忘れて、なにも写真取れませんでした。
一時的に、スマホをロッカーからだしてきて(出し入れ無料。後から知った)カメラタイムを設けるとか、スマホ防水ケースを用意するとか、しっかり準備すればよかったです。

フォローする