エンジン警告灯がついた件

平日の夜。やや小雨。
会社から帰ってきて、夜ご飯を作りながら、途中、塾にいる子どもを迎えにいかねばと家を出て、車に乗り込んだ。
エンジンをかけると、表示左側に赤いランプがついた。
なんだこれ。いつもは緑のランプが並ぶのに、オレンジだ。このアイコン、なんだ?形を指しているのか分からない。いつから表示ついてた?点灯色が赤色っぽいところがすごく嫌な感じがする。
とりあえず、車が使えないと雨の中徒歩でお迎えになってしまうので、車を動かしてみる。うーん、なにかがおかしい。速度があがらない気がする。エンジンはウィーンって音がしているし、アクセルもいつもどおり踏んでいるのに。塾までの道は坂が多く、登りがまったくダメで、40キロまで速度が上がらない。おかしい。
塾で子どもをのせ、そのまま、またソロソロ運転をして家にたどり着く。子どもに「先に家に入って」といい、ダッシュボードから車の説明書を取り出して、この赤オレンジの意味を調べる。
エンジン警告灯。
すぐに販売店に連絡を。
エンジン不調のアイコンなんだ…。
エンジンの形。分からん。
エンジンがおかしいから、走行感がかわったのか?
翌日、家人に「エンジン不調のため車乗車禁止」と伝え、会社の昼休みにディーラーに連絡すると、やはり「エンジン系統の異常ですね。すぐ見させてください。」という。ひょっとしたら単なるセンサー異常の場合もある、というけれど、「車の加速が変わった気がする。」と伝えると、「あぁ、、、、。」と言って、少し間があいた。「メンテナンスパックにはいってもいただいているので、エンジンオイルは適時交換してくださっているので大丈夫かと思いますが、とにかく見させてください。」と、早く持ってきてくださいの一点張りだ。しかも「なるべく、そーっと運転してください。」とのこと。エンジンになにか異常がある車を持っていくなんて。
とはいえ、早く直さないと。子どもの送り迎えや買い物。車がない生活は不便だ。週末にもっていくことと、代車の希望をだした。ここで、代車の用意は難しい、いや修理に時間がかかるかもしれないなら代車を出して欲しい、と言い合いをして、代車がもどってくる日に修理にだすことにした。
電話を切った後ボンヤリ考えた。
メンテナンスパックにはいっていて、1年に何回かディーラーに点検を出しているのに、見つからないもんなんだ。
点検対象外といわれたらそれまでだけど。
車に詳しくないからメンテナンスパックにはいっているのに、あれじゃぁ安心が買えていないってことだ。
どうしよう。エンジン丸ごとだめだったら。
知人の10年のった車がエンジン交換だって言っていた。80万?90万?とにかく高額だった。
週末、車をディーラーに持っていき判定してもらったところ、ラジエーターの故障らしい。
ラジエーターがなにかよく分からないけれど、エンジンを冷却するのにマストな部品らしい。
修理費5万の見積書と、台車として最新の軽自動車をだしてもらった。
今乗っている自動車は5年目。
こうやってあちこち壊れていくんだろう。
エンジン不調のランプが高速道路などではなく、家のあたりでよかったと思うべきか。
5万円の見積書を抱えて、ざわつく心をどう落ち着かせるか考えていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました