小学校の視力検査で再検査!

視力検査 日々のこと

「お母さーん、視力、さいけんさー。」

三女がランドセルを開いて視力検査を出して、結果用紙をペラペラふっている。
またか。
最近はしょっちゅう引っかかっている気がする。
二人とも「B」があるから再検査ということらしい。
「A」と「B」。
あまり緊急性を感じない組み合わせだ。

よく引っかかる視力検査

次女が小学校に入学した年に、早速視力検査で引っかかっていた。
なにか大病が見つかるのではと、ドキドキしながら眼科に行った。
長女は小学校入学前の就学時検診で先天性の病気が見つかっているからだ。
結果、「視力は問題ない。」
眼科での視力検査結果は、やはりよくなかった。
でも裸眼の次に、検査用眼鏡をかけて計測すると、度がはいっていないレンズで見えるようになるらしい。
先生は「環境ストレスで見えなくなっているのかもねー。最近の子、多いのよー。」
と、度なし眼鏡の処方箋を渡してくれた。
ZOFFにその処方箋を持っていったら、普通に眼鏡を作ってくれた。
でも、その眼鏡はほとんど使わなかった。
赤いケースと隠れミッキーのついたフレームが気に入っていたようだが、着用が面倒らしい。
こちらも見えているのが分かっているので、気にしないようにしていた。
翌年、視力検査は改善。
その後何回か視力検査で引っかかることはなくなった。
学校の環境と検査に慣れたのか。
処方箋でつくったダテ眼鏡はファッションのための単なるダテ眼鏡となり果てた。
だが、おととしぐらいから、また眼科に行くことになった。
その時も確か「A」と「B」。
去年の場合、眼科の視力検査では、次女は0.7。
「以前より近視が少し進んでいるようですね。」ということだった。
三女は1.0以上の視力だった。
学校の視力検査ではうまく答えられなかっただけなのかもしれない。

近視とゲーム制限

私は両目0.3以下。もう黒板は見えず、遠くの文字を裸眼で読むのは難しい。
周りにも両目1.0以上の視力がある人が少ないのと、単に「目が悪い」といってしまうが、近視は病気らしい。
日本眼科医会によると、体の成長とともに近視が進むという説があるそう。
成長期には、身長が伸びると同時に眼球も発育して大きくなるため、眼軸長が伸び近視になりやすいという説もあります。
https://www.gankaikai.or.jp/health/39/05.html
20歳に近づくにつれ、視力が下がる傾向があるということであれば、目の使いすぎを責めるのもよくないのかもしれません。
ただ、文部省のデータによると、小学生の子どもは、両目1.0以下の子が徐々に増えてきているよう。
子どもの視力推移
30年前と比べれば、明らかに近視が進んでいる。
生活環境の変化も、あるんじゃないかなぁ。
子どものときぐらいは視力がよくあってほしい気持ちから、視力検査で近視と判明すると、「ゲームやYoutube長時間やらない!」と釘を刺さしてしまう。
ちなみに、「ゲームは一日1時間」は高橋名人の有名な言葉らしい。
ゲームは1日1時間。外で遊ぼう元気良く。僕らの仕事はもちろん勉強。成績上がればゲームも楽しい。僕らは未来の社会人
当時のハドソンの標語らしいです。親としては、ゲームは1時間程度で区切って欲しいけれど、勉強は長時間やってほしいとおもうあたりがパラドックス。
そんな高橋名人も還暦。「ゲームは一日1時間」Tシャツ着ながら、頑張っておられるようです。

視力検査のABCって?

最近の視力検査はABCD表記でかえってくる。
視力でいうと、以下のとおりとなる。
「A」は視力1.0以上に相当
「B」は視力0.9〜0.7に相当
「C」は視力0.6〜0.3に相当
「D」は視力0.2以下
黒板が見えるためには「B」程度の視力が必要。
そして、「A」以外は正常の視力とはいえない、というのが専門家の意見なので、受診をお勧めするという形を取っているらしい。
わたしが子供の時は、0.1刻みの視力だった。

なぜわざわざ変えたんだろう。

学校保健法施行規則の改正(平成4年2月26日付け)によると「視力検査の簡素化」とある。
見え方の表示を視力のかわりに「A」「B」「C」「D」の4つの記号で行うようになりました。これは従来の視力を4段階に区切ったもので、検査は視力0.3/0.7/1.0の3つの視標だけで行うことから「370(サンナナマル)方式」と呼ばれています。
例えば検査で、従来の0.1刻みだと「こっちは見える?じゃあ次これは?」というやり取りが必ずあり、判定まで時間がかかっている。370方式なら指標は三つ。見える、見えないの差がしっかりあってすばやく終わりそう。
学校保健法改正で視力検査は簡素化されたけれど、代わりに糖尿病検査が追加されたり、4月は検査だらけで学校は大変ですね。
「A」以外は正常の視力とはいえない、ということで、今回学校から診察をすすめられてはみたものの、病院はどこも混んでいて気が重い。つい2月前、子どもが目がかゆい、と訴えたので、目の病気か、季節性のアレルギーかを確認するために眼科に行っている。その診断結果を学校・学校医と共有できれば、医療費も時間も節約できるだろうに。おおぅ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました