ジョギングで膝が痛む→4週間経って治ってきたぞの経過をご報告

日々のこと

row

右膝が痛い。
ここ半月以上、膝の痛みに悩まされていた。
それが、久しぶりに先歩く人を追い越せた!
治ってきて、気が楽になってきたのと、今後ないように、経過を書いておきます。
スポンサーリンク

痛くなった瞬間

いつもより長時間走った翌々日、その疲労した膝で、朝、改札口を駆け込んでホームに下りていった。
階段で、一歩一歩すすむにつれ、膝に違和感が走り出す。
ん、右膝イタイ?
勘違い?
いや、イタイ。
イタイ!
これはもうダメだ!
曲がらない!!
右膝が壊れたと思った瞬間だった。

膝が痛くなった原因

いつもより長時間、約1時間半ばかり走ったからだろう。
毎週1回位は1時間走っていた。
そして、いつも途中40分くらいで、膝にちょっとした違和感を感じてた。
痛いってほどでもない。
なんだろ、ピシピシくる感じ。
でも、走り終わった後は普通だった。
痛みなんて感じないし、生活に支障もない。
それが、今回は30分上乗せして走ったのがいけなかったのか、もう階段での脚の曲げ伸ばしができないくらい痛くなってしまった。
長めに走ってみようと思ったのは10月になったころだった。
ちょうど天気も秋晴れ。空は青く、暑くもない朝。
近所のハーフマラソンにエントリーしようかどうか迷っていた。
もし2時間走れたら、ハーフの距離も走りきれるんじゃないか?
ちょうど気候もいい。
いつもより長めにグルグル走っていたら、いつもの下り坂でズキズキ右膝が痛みはじめた。
一歩ごと、右膝の上の皿全体にビシン、ビシンとくる。
下り坂は歩いて衝撃を防ぎつつ、なんとか1時間半走り、家に帰るためにゆっくりした下り坂にはいったとき、急に右足首からふくらはぎ、膝にかけて、スウッっ冷たさが走った。
血の気が引いた。
だめだ。もう恐怖で走れない。
立ち止まった後、ソロソロ歩いてみた。
右膝はギシギシしている。
しばらくソロソロ歩き、しばらくして普通に歩けるようになった。
よかった。家には帰れる。
そう安堵した2日後に膝が壊れるなんて。
ホント右膝上がバキンときた。
膝が壊れるとはよくいったものだ。
筋肉痛はなく、いきなり割れた。

右膝の経過

安静期(5日間)

長く歩行できない。10分以上は無理。
そして階段を徹底的に避ける時期が5日ほど。
階段を避けて、エレベーターを使うことに。
膝の動画をひたすら見て、勉強する。
Youtuber整体師さん、ありがたや。

回復期(1週間)

10分程度の歩行はできる、少しよくなったことが実感できる期間。
長く歩くと膝にゴワゴワくる。
階段はなんとか上り下りできなくもないが、動かした後は右膝がギシギシして、痛みもでてくる。
ストレッチをできる範囲で続ける。

回復二期(1週間)

日常生活には支障がない程度。
でも早くは歩けない。
それに、長く動くと、右膝のこわばりが復活。
ゆっくり走ると2キロぐらいで右膝がクラグラして少し痛み出す。
まだまだ回復途中。
ストレッチもダイナミックなものができるところまで回復。

回復三期(?)

早歩きができるところまで回復!
ただ、時折、不規則に膝に違和感を覚える。
早く走るのはまだ無理っぽい。

反省

筋力不足なんだろうなぁ。
あと、走ったときに違和感感じたら、走るのを止める勇気を持とう。
治ったらスクワットや体幹を鍛えよう。
股関節がなんとなく痛くなったときも、足の土踏まずに違和感があったときもそこそこ長かった。ケガをしないことが大切。ハーフマラソンのエントリー受付期間、来月なんだけれどなぁ。トホホ。
この違和感の期間は長く続きそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました