新しいKyash Cardはよりクレジットカードに近づく?

Kyash Card 日々のこと
帰りの電車でメールを見ていると、Kyashからなにやら新しい情報が届いていた。

「新しいKyash Cardはじまる」
   
ほぉ。サイトをみてみると、詳細はない。何度もスクロールして見たけれど、詳細な情報や新デザインについて、なにもない。予告の予告みたいなもの?でも、メールでの受付登録が停止している。

Kyashホームページより。メール受付は停止している。(2019年11月29日時点)

Kyashを使っている人は、新しいものが好きそうだからなぁ。それに、Kyashからのメール送信時間はお昼12:22。お昼休みにメールをみている率も高そうだ。あ、Kyash公式Twitterもあるか。

今のご時勢、どちらかというとTwitter経由アクセスか?
とにかくメールを登録できないのは残念。
(2019年12月2日 サイトを確認したところメール登録できるようになっていました。)

新しいKyash Cardは、プリペイドタイプのVISAという位置づけは変わらず、クレジットカードに近くなるのかなぁ、と思っています。利用暦1年ほどの若輩者ですが、もう少し細かく勝手に予想してみます。
スポンサーリンク

新しいKyash Card予想

1. ICチップ搭載

Kyash ホームページのイメージ画像より。
これはホームページ画像、カードイメージの右下、あるので確実でしょう。コンビニでは、カードを自分自身で決済端末に通すことができるけれど、一部、ICチップがないカードなどは、店員さんにカードを渡さなければいけない。これが渡さなくてもよくなるかもしれない。
また、右上の電波を出しているアイコンも気になります。VISAのサイトをみると、タッチ決済のマークらしい。イオンのWAONカードっぽく、カードをきるのではなく、かざすようになるのかどうか。

2.カード累計合計額枠増額?

Kyashはクレジットカードっぽいけれど、累計合計利用額が100万を超えるとそのカードは使えなくなり、カードの交換が必要になるらしい。この再発行手続き、少し面倒なんだよねぇ。カードにICチップがつくと、1枚あたりのコストがアップするし、累計合計額を引き上げたい気持ちがあるのではないかと予想。

3. カードの質感向上?

新しいデザインでは、カード素材の質感が向上するかもしれません。
今のカードって、紙っぽいんですよね。普通のカードってプラスチック樹脂で艶があるけれど、Kyashリアルカードは光沢がなくマット。それが厚紙っぽくて安っぽい。店員さんに渡すと、珍しさもあってか、少し怪訝な感じをすることがあるのが恥ずかしい。ICチップ付のカード台紙は紙っぽくないものであってほしい。もう少し質感アップお願いします!

4.ポイント還元率がアップする?!

もともと、Kyashの最大の売りは高い還元率。最初はクレジットカード利用金額の2%キャッシュバックだったのに、残念ながら2019年10月1日から1%ポイントで還元に変更されてしまった。(リアルカード有効化済みの場合)それが新カード登場で、より話題性を高めるために、再度ポイント還元率をアップするかもしれないと期待してしまう。一時的にでもいいからアップして!


以上いろいろ期待ばかりですが、しっかりした情報は来年のお楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました