【運転初心者】タイヤ交換覚書

冬タイヤ 日々のこと
12月上旬、冬タイヤに履き替えた。ペーパードライバー暦10年以上だった私が、必要に迫られて車の運転をするようになり、今年は自分でタイヤ交換の手配までするんだから、成長したよもんだ。タイヤを購入すると、数年間、タイヤ交換が無料になるタイヤ店で購入しているため、そこに持ち込むのだ。今年の春、初めて冬タイヤから夏タイヤへの交換の持込を自分でやった。タイヤ店での交換は10分もかからない。あっという間だ。でも、先回も今回もちょっとした反省事項もあって、今回の交換の流れを書き留めておく。
スポンサーリンク

スケジュールを抑える

私がお願いする赤池タイヤは、タイヤ交換のピーク時期以外の平日なら無料で交換してくれる。

赤池タイヤで冬タイヤを買うともらえる(画像は赤いタイヤより)

12月10日までの平日が無料交換期間。日時の予約はできないが、この時期に持っていくことさえすれば、無料だ。名古屋市は12月20日が平年初雪を観測するということで、その10日前あたりから本格的な冬タイヤ交換時期に入るんだろう。我が家はこの無料交換の仕組みがない頃は、年末の帰省2、3日前にディーラーに電話してなんとか交換してもらってた。

それにしても、12月10日以前の交換って、早いように思うけれど、タイヤメーカーや専門家は初雪より1ヶ月早い11月下旬の交換を薦めているらしい。おおよそ、以下の3点がその理由。

  1. 急な降雪でもあせらない
  2. 冬タイヤのほうが気温の低下に強い。
    気温が7度以下になると夏タイヤは硬くなるから、グリップが効きにくくなるそう
  3. タイヤ交換の待ち時間が少なくなる。

要は少し早目がいろいろと安心、ということらしい。
ダンロップのサイトは各県の混雑見込みまで書いてある。

ダンロップの「タイヤ交換時期カレンダー」

冬タイヤ履き替えの混雑ぶりは、タイヤ業界にとって大きな問題なのかもしれない。12月上旬といえば、小、中学校ともに午後個人懇談をやっている。となると会社を早退しなければならないのでその予定と合わせて、タイヤ交換を恒例にすればいい。これなら毎年のスケジュールの中に組み込めそうだ。

タイヤの積み込み方に注意

タイヤが動かないように積まなければいけない。先回タイヤを持っていったときには大失敗だった。まず、ワンボックスカーは荷台が広いから、タイヤを積むのに場所には困らない。スタッドレスタイヤを一本ずつエイヤエイヤとただ積み込んで、なんだ、女でもタイヤを積めるじゃんと思ってた。運転し始めたら、すぐにマズイことに気がついた。少し曲がったりブレーキを踏んだだけでタイヤがスススと動く。大きく曲がると車内にポンポン当たるくらい動く。ゆっくり運転しても、とにかくタイヤが車内で動く。まさかとは思うが、タイヤが後ろのドアにぶつかってドアがガバァと開いて、車外にポンポン飛び出すなんてないよね。無事に着くよう、祈りながら、怯えながら運転していた。そしてタイヤ店に到着したときの安堵感ったら。

店で交換してもらった帰り道、お店の人が積んでくれたタイヤは運転しても動かなかった。積み方で変わるんだ。

そして半年以上たった今、再度トランクにタイヤを積まなければならないのだが、どう積まれていたかさっぱり覚えていない。ネットで検索すると、同じような経験をした人がきちんと記録に残していた。

タイヤを運ぶ時の荷台への積み方
1本目を平置きにしてその上に右側から2本目を斜めにして載せる(横に2列置く幅が無い為)。3本目は、1本目のタイヤの手前の右対角線上に平置きにする。4本目は3本目のタイヤの上に左側から斜めに載せる。こうする事でお互いがロックしあい運転中でもタイヤが暴れることが無くなったのである。

タイヤを横一本づつ置いていき、上から抑えるように積み込んでいくといいらしい。 確かに動かなかった。どんなことでも、ちょっとしたコツがあるんだ。

お店が混んでいるときの準備

お店での待ち時間は読めない。家を午後3時過ぎにでて、3時半頃にお店についた。自分としては空いていそうな時間を狙ったつもりだったが、お店の駐車場が車で一杯になっている時点でまずい予感がした。駐車場の車全部が交換待ちの車だとすれば、6台待ちだ。車の中で待っていると思われる女性は、かなりくたびれた表情だ。とにかく車を空いているスペースに入れてみると、店員さんがお店からでてきてこう言った。

「すいませーん、今1時間半待ちでーす。順番に対応しますんで、また夕方5時ごろ来ていただけますかぁ?」

家からお店まで片道15分ちょっと。夕方なので交通量は増えてきているからもう少しかかるかもしれない。それに家に帰っても、1時間しないうちにまた出なければならない。このタイヤ店の近所、どんなお店があるか詳しくない。しかもスマホ忘れた。あぁ…、失敗だ。

結局素敵な喫茶店をみつけて、美味しいコーヒーを飲んで時間を潰す。冬から夏タイヤに交換するときは、誰も待っていないし、すぐに交換してくれたから、冬タイヤへ交換のときはこんなに待つなんて知らなかった。

交換無料サービスをやっているお店の、無料交換期限直前の平日は混む。

17時ごろお店にもどると、駐車場は2台ほどしか車がいない。車を止めて、店員さんに戻ってきたことを伝えて、車の鍵を預ける。お店の待合室でボンヤリすること約15分。「はーい、交換終わりましたぁ!」と鍵を戻してくれた店員さん、体から疲労が滲みでていた。この日は交換期限の平日2日前。明日もある。頑張って乗り切って下さい…。


コメント

タイトルとURLをコピーしました